マルチサイト対応のサイトマップ・プラグイン Google XML Sitemaps 4.0 beta 11 導入・設定方法

スポンサーリンク


 VPSや単独サーバーなどで、マルチドメイン運用している際の、WordPressプラグイン「Google XML Sitemaps」に変わる、マルチサイト対応版のサイトマップ自動作成プラグインのインストール・設定方法です。

 Google XML Sitemaps 4.0 beta 11 は、WordPressのプラグイン新規追加からは、インストールできないので、まず、作者のページに行って、ZIPファイルをダウンロードします。

 xml

 上記の表示がある場合には、上記の「try the new bate」の文字をクリックすると作者のダウンロードページに行きます。
 私がこの記事を記載している時点では、bate 11 ですが、最新版がダウンロードできるようになっています。

 なお、古い Google XML Sitemaps が入っている場合には、無効化・削除などを行ってから、下記のインストールをした方が、無難そうです。

 ZIPファイルをダウンロードしたら、WordPressの管理画面より、プラグイン → 新規追加 の中の「またはこのページから zip 形式のプラグインをアップロードしてください。」のリンクになっている「ページ」をクリックして、ダウンロードしたZIPファイルを選択して、今すぐインストールをします。
 
 インストールしたら、有効化します。

 そして、管理 → XML-Sitemap をクリックして、設定を確認して、画面最下部の「更新」を押します。

 すると、http://[サイトURL]/sitemap.xml にサイトマップが生成されます。

 サイトマップの内容は、1ヶ月毎にまとめられたsitemap になっており、そのxmlの中に、各記事のURLが登録されてます。
 これを、google ウェブマスターツールのサイトマップのコーナーに入って「サイトマップを再送信」すると、月別になっているサイトマップすべてが、反映されます。

 引用元はこちら

 

スポンサーリンク

関連記事


にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ
ページ上部へ戻る