iPhone5c 音量ボタン反応しない故障 新品交換に

スポンサーリンク


 ドコモ iPhone5C にして6ヶ月間が経過しましたが、前回2ヶ月目の故障・新品交換に引き続き、今回も故障で新品交換となりました。

 故障箇所は、音量調整ボタンが反応しないと言う故障内容です。

 押すと「カチカチ」とボタンの音はします。ボタンそのものが物理的に故障したのではなく、その信号が反映されないのです。
 もちろん、設定でボタン操作はONにしてあり、片方の音量ボタンは反応します。

 特別に困ったと言う事ではなかったので、しばらく様子を見ていたのですが、今回時間が取れたので、直接修理に行ってみました。

 この手の故障は、端末を丸ごと交換になる場合がほとんどです。
 ヨドバシやビックカメラなどでも修理受付はしてくれますが、正規店ではないので、即日交換にはなりません。

 即交換はAppleストアへの持ち込み修理が有名ですが予約が必要です。
 しかしどうも、premium がつくアップル修理店であれば、iPhone は在庫があれば、即交換可能らしいので、今回は東京都の町田駅近くにある、Apple 正規プロバイダ premium の修理専門店に持ち込みました。

 そんなに大きなお店スペースではありませんでして、係員さんも4名くらいです。
 しかし、平日だと言うのに10人待ちで、自動受付機には約50分と表示されています。受付端末に名前を入力して、店内で待つか、外で電話連絡を受けるかの選択をします。
 50分と言う事で、ちょっとブラブラしようと、外で待つを選択し、携帯電話番号を入力して完了。
 町田駅からは約10kmのところに住んでいますが、町田を30分以上歩くなんて、もう20年振りです。だいぶ変わっており、ビックリです。
 なんでも、あと2組になると電話が掛かってくるとの事でしたが、ブラブラしていたら、なんと「自動電話音声」で電話が掛かって参りました。
 そして、すかさず店に行き、座って待っていると、数分して名前を呼ばれました。

 さて、予想通り「新品交換」と言う事で、その場で新しい iPhone5c を渡されました。
 1年保証期間内ですので、もちろん無料です。水没や落下破損などで保証が無かったら28600円(8%税込)ですので、怖いですね。
 手続き自体は約20分でしたが、土日祝は大変混雑して待ち時間は2~3時間になる事があるそうです。土日なら開店時間を狙うと良さそうですね。

 なお、Appleは郵送修理もできますが、さすがに即交換にはなりません。

 重要なのは修理店に出す直前までに、iCloudからバックアップを作成しておくことです。
 私は、近くにあるドコモショップの店頭にて、ドコモWi-Fi接続して、バックアップしました。

 そして、自宅に戻り、Wi-Fi 環境から復元して、新しい iPhone5C の設定内容も、元の通りになりました。

 しかし、マレにゲームアプリなどは、復元されないものがあるようですので、特に課金しているアプリなどは無駄にならないよう、機種変更の際の注意などを良く読んでおきましょう。
 故障・新品交換は、機種変更ではありませんが、機種変更と同じ事にもなりかねませんので、ご注意を。

 → 前回の故障に関してはこちら

スポンサーリンク

関連記事


にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ
ページ上部へ戻る