iPhoneの検索エンジンを変更する方法(Safari)

スポンサーリンク


 iPhoneのブラウザ「Safari」を使用して、キーワード検索する場合などの検索エンジンは、標準設定だとGoogleになっている。

 これを、Yahoo!やBingに変更したい場合には下記の方法で可能だ。

 「設定」画面から「Safari」を選択する。

 コンパスの下、ミュージックの上あたりに「Safari」がある。

 そして、検索エンジンの欄から、お好みの検索エンジンを選択すればよい。

 ちなみに、検索エンジンと言うのは、検索する機能とプログラムと言う意味で、そのキーワードに関連するたくさんのホームページなどの中から、最適だと思われるものを選んで、順番に表示する方法をコンピューターが考えるのを検索エンジンと言う。

 現在はほとんどgoogleの独自サービスにより表示されるエンジンが主流だが、Yahoo!はそのgoogleの検索エンジンを使用するものの、独自の判断を加味して、検索結果が微妙にgoogleと異なるようにしている。

 普段パソコンを使用されている場合には、iPhoneもパソコンも、検索エンジンの設定を「同じもの」にすれば、スマホでもPCでもシックリくるだろう。

検索エンジンとは?

インターネットで公開されている情報をキーワードなどを使って検索できるWebサイトのこと。サーチエンジンはページに掲載する企業の広告料金で運営されるため、利用するために料金を払う必要はない。サーチエンジンは、WWWなどで公開されている情報の全文を貯えておき、キーワードによって検索する全文検索型と、カテゴリ別に分類されているディレクトリ型の2種類に大別できる。最近では全文検索型でもディレクトリ型の情報提供をしているところが増え、またディレクトリ型のサーチエンジンにも検索機能が搭載されるようになってきた。日本のサーチエンジンは、全文検索型ではGoogleやgoo等が有名で、ディレクトリ型ではYahoo! JAPANが有名。

 出典:IT用語辞典

 

スポンサーリンク

関連記事


にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ
ページ上部へ戻る