高品質で大容量にも最適なモバイルバッテリーの組み合わせ方法

スポンサーリンク


 モバイルバッテリー、スマホ充電器、大容量バッテリー、USB充電器など、まだ固定された名称が無いのですが、いわゆる外出先でスマホの電池が少なくなった場合など、緊急でスマホの電池を充電する小型装置の事です。
 
 このモバイルバッテリーは、Amazonや楽天でも、色々な容量・種類が発売されており、最近はお手頃な価格になって参りました。
 しかし「品質」が良くない物も多数あります。

 私は買ったものは、最初の数回は良かったのですが、その後、充電残量表示が壊れ、時には充電できない事も。さらに、10回程度しか使っていないのに、なんだか満充電の容量が極端に減りました。
 恐らくはニッケル電池の品質が良くないのですね。これではまた買い替えとなってしまい、費用的にもよろしくありません。

 しかも、5000mAh、10000mAhと、大容量と説明があっても、実際にはその半分も出力が無いなどと言う粗悪品と言うか、詐欺まがいの商品があるのも事実です。

 その為、品質が優れている日本メーカー品がお勧めなのですが、どうしても、国内メーカー品は割高です。

 そこで、私のお勧めは下記の方法です。

 
 パナソニック USBモバイル電源 QE-QV201
 
 単三型のニッケル水素電池充電池が2本入ります。
 コンパクトで持ち運びも便利です。
 もっと安い電池ホルダーで良いのであれば、角型タイプが、100円ショップでもおいてある所があります。

 そして、電池はアルカリ電池ではなく、パナソニック eneloop や、EVOLTA と言う高性能充電式単三電池(ニッケル水素電池)を使用すれば良いのですね。
 ※QE-QV201には最初から エボルタが2本ついてますが、充電器はついてないので、別途、電池と充電器セットを買うと良いです。

 
 eneloop eneloop 単3

 ニッケル水素電池は繰り返し充電が約2000回できますので、大変経済的で、品質面の信頼性も高いです。

 ニッケル水素電池2本で、だいたいスマホ半分充電となる計算ですが、足りなければ、予備の電池を持ち歩くことで、フル充電も可能になります。
 また、緊急時にはコンビニで、アルカリ乾電池を購入してもスマホに充電できますので、地震などの災害時対策としても重宝すると思いませんか?

 これで低費用にて高品質の充電装置ができてしまう訳ですので、これからモバイルバッテリー購入を検討されているのであれば、お勧めです。

スポンサーリンク

関連記事


にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ
ページ上部へ戻る